読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#238

 少し前までは、「小さいのに形だけは一人前だな。」と思っていた小さなイチョウの葉も、
今では3倍ぐらいの大きさになって、風が吹く度にゆらゆらと揺れながら、風を楽しむ事が
出来るほどの大きさになっている。
 今年は、例年に比べて春の訪れが遅いと、天気予報では毎日”異常気象”と言っていたが、
それは、単に人間様のご都合であって、植物や動物たちは、そんなことは先刻ご承知で、寒
ければ蕾のまま、土の中で、水の底で、春が来るのをじっと待っているし、鳥たちも多少モ
コモコっとした羽を残したまま”もうすぐ春だから!”と一生懸命に鳴いているようにも思えた。



 のびのびになっていた”冬の尻尾”もゴールデンウィーク前にやっと切れて、春も本番と思
ったが、母に「もうひと月もすれば衣替えね。」と言われ、更に「もう一年の半分よ、早い
わね」と言われて、「はぁ。」とため息をつくことしか出来なかった私。
 よくよく見れば、イチョウの葉も大きくなっていたし、他の木々の葉も緑が濃くなり始め
ているわけだと思う。
 一年が経つのは早い。しかも、若い頃より歳を重ねた今の方が時が経つのが早いと感じる。
どうだろう、普通は逆のような気がしないでもないのだけれど。
 若い頃の方が、自分のやりたいことや、友人などと多くの時間を過ごすことが楽しいから
”24時間じゃ足りない”と思えるが、私はどう考えても、今の方が”48時間あっても足りな
い”という感じになっている。
 若い頃もそれなりに時間が足りないとは思っていたけれども、お金がなかったし、出来る
こと、行動の範囲はどうしたって狭くなるから、諦めなければいけないことも多かった。
 でも今は、それなりにちゃんと働いていて、収入があって、おまけに独り身だから、若い
頃に比べれば、やりたいこともある程度実現できるし、行動範囲もぐんと広がるから、時間
が足りないと思うのだろう。


 


 「やりたいことって何よ?」と聞かれたら、たぶん、ブログ3日分ぐらいの長さを必要と
するぐらい書き留められると思うけれども、実際は毎日、季節ごとにうつろう街を眺めてい
る時間があれば実は満足だったりするもので、私にはそれが一番お似合いなのかもしれない
と思っている。


Today's TuneTomorrow / Joe Walsh http://www.youtube.com/watch?v=--f9y3gNftk