読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#269 一瞬


打ち上げられる花火の美しさは一瞬で、その一瞬が何度も続く。
何度となく通り過ぎ、幾重にも重なり合っている一瞬の連続の中を私たちは生きている。
この花火のように、その一瞬を華やかと思うか、儚いと思うかは人それぞれだ。