#388 Back Street 01

表通りで華やかに繰り広げられる物語より、
裏通りで淡々と流れていく物語の方が好きだ。