読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#485 その時

f:id:kamome-tokyo:20140102232201j:plain

その時、外国では沢山の花火が上がったり、無数の色とりどりの紙吹雪が待ったりして
お祭りムードで大いに盛り上がったようだ。
様々な年の越し方があっていい。
それでも私は、静かにゆっくりと年を越したい。
ただ、私がホッとできるのは、元旦の夜になるけれど。

でも、その瞬間は、この国に生まれて本当に良かったと心からそう思う。