読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#510 シーズン

f:id:kamome-tokyo:20140319230331j:plain
NOKIA Lumia 1520

自宅の下の公園で、中学生ぐらいの男女が集まって、ワイワイと騒いでいる。
そう、ちょうど1クラス分ぐらい。
多少、五月蝿くはあったけれど、卒業のシーズンかと思えば、それも致し方ないかと。
これまでは、地域というぬるま湯の中で温々としていられたが、これからはそうも行かない。
新しい生活が始まり、新しい友人ができ、ぬるま湯の中から出ることで、これまでにない経験をしていく。
将来への高まる期待と不安が混ざる中で、今、彼らは、彼女たちは一瞬の安らぎの時間を過ごしているのだ。
この瞬間は私を含め、誰もが経験している事だ。

夜の9時半過ぎた頃から、「バイバ〜イ!!」という声が聞こえ始めた。
今は、いつもの静かな時を迎えている。