読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#532

f:id:kamome-tokyo:20140803005306j:plain

今の仕事に就いてから何度目の夏を迎えたのだろう。
腕に付いた腕時計の白い痕は、冬になっても完全に消えないくらいに焼き付いている。
学生時代に勉強した事とは全く違った仕事をしているけれど、
当時は、そんな事考えても見なかった。
今は、仕事をしている時が楽しくて仕方がない。

”最初から今の仕事だったら楽しかったか?”

答えはノーだ。
最初から今の仕事だったら、間違いなく嫌いになっていただろう。
違う仕事をしていて、ある切っ掛けから今の仕事に就いたから、楽しくて仕方がないのだ。

どこにその切っ掛けが落ちているかは分からない。
容易く見つける事もできるかもしれないが、一生見つからないかもしれない。
そういった意味では、私は幸せなのだと思う。



All this time
I've been workin' them angels overtime
Riding and diving and flying
Just over the edge
Workin' them angels - Overtime

 今までずっと
 天使たちに無理をさせてきたと思う
 走って、駆けて、飛んでいったから
 限界の向こう側へと
 しっかり働いてくれ、天使たち。大変だけれど

            "Workin' Them Angels"