読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#535

最後にブログを更新したのは昨年の9月3日で、先日の1月3日に更新するまで
殆ど、SNS系のネットワークから距離を置いていた。
そのSNS系のネットワークも1月1日をもって、このブログ以外、すべて削除した。
だから、私にコンタクトする手段はこのブログか、キャリアメールか、電話かだ。
それで良いと思った。
もっとゆっくりと暮らしたいのだ。
街の音を聞いて、風の流れる音や鳥たちの声を聞いて、流れる雲や空の青さに身を委ねたい。
“ピンポーン”とか、“ポワーン”という不用意な着信の音で、大切な自分の時間を削られたくないのだ。
『そんな事したら誰からも連絡こなくなりますよ。』そう言われたが、それでも良いと思った。
私の時間は私のものだ。
取るに足らない事で、大事な時間を切り取ってほしくないのだ。

私は、顔と顔を合わせて、ゆっくりと話をするのが好きだ。
相手の表情や仕草を見ながら、ゆっくりと時間をかけて話がしたいのだ。
活字や絵文字では表す事ができない微妙な変化を感じながらだ。
話し相手の温もりや言葉の温度を感じながら、話す事が大切だと思うから。

だから、それが必要だと思う人からだけ連絡がくれば良いと思っている。
うさぎ4回目を過ぎたおじさんには、それが丁度、良いのだと思う。


The road unwinds towards me
What was there is gone
The road unwinds before me
And I go riding on

 僕の後ろに、道はまっすぐ続く
 かつてあったものは行ってしまった
 僕の前に、道はまっすぐ続く
 そして僕は走り続ける

               ~Driven