読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#289

長年使っていたアンプが壊れて、iPodのDookが付いたスピーカー買おうかどうか
迷ったけれど、これまで使っていた、そこそこ良いスピーカーが無駄になって
しまうのも惜しくて、いろいろと探しまわったあげく、手のひらサイズの素敵な
アンプを見つけた。

パソコンの5インチベイにも内蔵できてしまうくらいのコンパクトさ。
視聴してみたらなかなかいい感じだったし、値段も手頃だったので購入。
設置も終わって、さてお初に何を聴こうかと考えて、いつも聴いている曲では
面白くないなと、お蔵入りしているCDをガサガサと漁り、見つけた1枚。


Into the Fire

Into the Fire


久しぶりにBryan AdamsのアルバムInto The Fireを聴いた。
1987年リリースだから23年も前になる。
リリースされた当時は、1日中このアルバムばかり聴いていたなぁ。
当然ですが、リリース当時はLPレコード盤(懐かし)でしたよ(笑)
その後、CD買ってすっかり忘れられてた可哀想な1枚。
全曲好きな曲だけれど、その中でも大好きな曲があって、それこそ、その曲を
ずっとリピートして聴いていたな。
歌詞もしっかり覚えてしまって、曲を聴いてなくても、歌詞だけがスラスラと
口から出てくるくらいに。
久しぶりにその曲を聴いてみて、覚えてるかどうか、ちょっと不安だったけれど
やっぱり、スラスラと歌詞が口から出てきた。
メロディと、歌声と、歌詞と、その時におこった多くの事が一緒になって出てきた。
大好きなものいつまでも忘れないんだな。
でもまあ、それは音楽だけに限った事ではないと思うけれど。


♪Native Son / Bryan Adams